WORKS

暮らしの中で見慣れた文様が、絵の中で出会い、いにしえの情景や物語を描きます。
その繊細で物質感豊かな絵画は、新しいひとつのオブジェにも見えます。

磐余(いわれ)

万葉集シリーズ「磐余」油絵 変形サムホール
Manyo-shu series ”iware” oil painting 174×227mm

万葉集 3-0416
百伝ふ 磐余の池に 鳴く鴨を 今日のみ見てや 雲隠りなむ
大津皇子

(百伝ふ) 磐余の池に 鳴いている鴨を 今日だけ見て 雲のかなたに去って行くのか

大津皇子は謀反で処刑された。その時に、詠んだ辞世の詩である。
彼の妃は後を追って殉死した。これを見ていた人々は皆泣いた。
美しく哀しい物語。

CATEGORIES

万葉集シリーズ

VIDEO

図版の最後に、この作品のプロモーションビデオがあります。

English