WORKS

長谷川の絵画では、文様が主題を表現している。そして、油絵具が伝統工芸の素材となる。
女性像が万葉集の情景を象徴し、花々が源氏物語の登場人物を表現する。

熟田津(にきたず)

万葉集シリーズ「熟田津」油絵 変形10号
Manyo-shu series ”nikitazu” oil painting 530×424mm

万葉集 1-0008
熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな
額田王

熟田津で 船出しようとして 月の出を待っていると 潮も幸い満ちて来た さあ漕ぎ出そうよ

船を象徴する女性像は、船を舳先から見上げた形が元になっています。斉明天皇と考えても良いでしょう。
背景には月の姿が隠れています。船出の意気込みを表現した作品です。

CATEGORIES

万葉集シリーズ

English