WORKS

暮らしの中で見慣れた文様が、絵の中で出会い、いにしえの情景や物語を描きます。
その繊細で物質感豊かな絵画は、新しいひとつのオブジェにも見えます。

宿木

源氏物語シリーズ「宿木」油絵 変形8号
The Tale of Genji series ”The Ivy” oil painting 258x455mm

四尺の屏風を、この障子に添へて立てたるが、上より見ゆる穴なれば、残るところなし。こなたをばうしろめたげに思ひて、あなたざまに向きてぞ、添ひ臥しぬる。
源氏物語 帖「宿木」

向こうの室は薫ののぞく襖子の向こうに四尺の几帳は立てられてあるが、それよりも穴のほうが高い所にあるためすべてがこちらから見えるのである。
与謝野晶子

花々が源氏物語の登場人物を表現しています。
浅葱色の帯は宇治川です。朱色の帯は宇治の邸宅を表します。
籠目文様は幽閉の象徴です。薫が見つけた浮舟の今後の運命が分かります。

CATEGORIES

源氏物語シリーズ

English