BLOG

文様描きに専念すると、もう自宅の庭にも出られない。いつの間にか晩秋も終わり山野草の庭には、めぼしい花もなくなっていた。
一息入れるついでに遅れていた萩の剪定をする。刈り取った萩の枝葉は袋詰めをしなければならないのだが、取りあえずテラスに積んでおく。次の機会にと思っているが、当分はこのままで、やがて雪が積もり春となる気がする。

関連記事一覧

English